スペイン・アンダルシアの魅力ある3都市セビリア、カディス、マラガにある語学学校

10代の頃、スペイン語や英語以外の言語を学ぼうとするのは時間の無駄だと思っていたのを覚えています。

母国のスウェーデンでは、スペイン語、フランス語、ドイツ語のいずれかを数年間受講する必要がありますが、卒業後、最も基本的なフレーズ以上のものを習得出来た人は少数です。

私はスペイン語の授業を経て、私のスペイン語は良くなるどころか、実際、ひどくなりました!しかし、私はなんとかしてスペイン語の授業をパスしましたが(寛大な先生のおかげで)、履修するのを出来る限り早く辞めました。私の人生が後にどのように展開するかを考えると皮肉なことです。 

数年後、最愛の彼女が私を熱帯の楽園コスタリカに連れて行ってくれました。

当時の彼女と私は寒さから逃げる形で彼女の国に引っ越すことにしました。

私は英語が実際に役立たないことを知っていたので、スペイン語を学ばなければなりませんでした。

しかし、コスタリカでスペイン語を学ぶのはスウェーデンで学ぶより10倍簡単であることがわかりました。

後から考えると、これは3つの非常に重要な要因のおかげだと思います:

モチベーション、必要性、そして反復練習。 母国で外国語を学ぶとき、これらは非常に難しい要素です。

私はタクシードライバーやレジの方とコミュニケーションを取る必要性について話しているだけではありません。

人間(特に私のようなおしゃべりな人)として、私たちは常に自分自身を表現する必要があります!

スペイン語で話をしようとしたときに、とてもイライラしたことを覚えています。みんな丁寧に耳を傾けてくれ、私は自分自身の言っていることさえもを理解することができず、もちろん面白いジョークなんて言えません。

恥と敗北感が混ざり合った感情が、私の毎日のスペイン語での失敗をなくすモチベーションを与えてくれました。

少し変わった方法で、私はすぐにかなり流暢になりました。

もしその事柄について話すことが無ければ、決して学ぶことはありません。というのも、

例えば、友人との会話をしている際、木曜日に友人に会おうと提案したいと思った時、結局、平日の半分がスペイン語で何と呼ばれているのかわからなかったのです。

独学のスペイン語力を補うために、実際に人に教えることで、少し良い影響を受けたと言っても過言ではありません。

約1年後、私はスウェーデンに戻り、より深く考え、外国語と言語学を勉強するために大学に入学することを決心しました。

そこで、私は文法力を鍛え、アカデミックや語彙力を培いましたが、思うようにスペイン語が上達できない自分に失望しました。

学ぶ速度が、ロケットから三輪車の速度に変わったように感じました。

幸い、雪に覆われたスウェーデンで1か月間勉強し、CLICセビージャでスペインの文化を学びスペイン語を学ぶ機会を得ました

この学校で私は両方の良い所を手に入れたなと感じました。必要に応じて、プロの教師による間違いを常に指摘してくれる指導法とコンスタントな実践練習の組み合わせは、素晴しいものでした。

ラテン語について知った後、すぐにもっと多くの言語を学びたいと思いました!

私は夏をフランスで過ごし、1セミスターをブラジルで過ごして語学力を伸ばしました。

スウェーデンでの去年の間に、私は勉強を終える間、翻訳者と通訳としてパートタイムで働きました(スペイン語とポルトガル語で働きました)。

最終的に、私はインターンシップを終了し、CLICセルビアで働くことになりました。

私が10代の頃、スペイン語を学ぶことが実際に私にこんなにも素晴らしい機会を与え、職業的にも私の人生までも形作るとは思ってもいませんでした。


clic_admin