スペイン・アンダルシアの魅力ある3都市セビリア、カディス、マラガにある語学学校

スペインには独特のサブカルチャーがミックスした文化が存在します。

一部の都市部族は、皆さんの故郷の人々を思い出させるかもしれませんが、それらはすべてスペインのひねりを持ち合わせています。

もしかすると、あなた自身や知り合いを “dogflute”, Perroflautaまたは上流階級として見るかと思います。

注意:これらの用語はすべて、誇りを持ち、侮辱するのに使われることがあるので、使用方法に注意してください。

 

パソタ、ヒッピー、ペロフロータ

これらの名前は、彼らと共にするperro(犬)と彼らが演奏するflauta(フルート)から由来しています。

これらの部族は通りで手作りの宝石を売ったり、ジャグリングをしたり、抗議活動をしたりしています。

英語での対応する名前は「ヒッピー」かもしれません。 「Pasotas」や「Perroflautas」はゆったりとした服や色とりどりの服を着ており、多くの人が恐れています。

左翼とや他の政党は、反君主制、反資本主義、反慣習ですが、過激派ではありません。

多くは占拠運動の一部であり、多くは学生または卒業生です。

表現

PERROFLAUTAの理想に基づいた言葉が彼らの歌に取り入れられています。

「libertad」– 自由

「felicidad」– 幸福

「contrapoder」– 反力/反対

 

CANI

この言葉はおそらくアンダルシアから来ており、ジプシーまたはロマニーを意味します。

イギリスのステレオタイプ「チャブ」に少し似た、カニスは、ゴールドの指輪とチェーン、トラックスーツ、ナイキの靴とキャップを身につけています。

ステレオタイプでは、彼らはトラブルメーカーですが、実際は彼らは普通の若者であるということです。

彼らの「敵」はPijos(嫌なやつ、テングなやつ)です。

表現

Canisは、アンダルシアの表現法と80年代のギャング映画のフレーズを組み合わせて使われます。

「ta flama」は、esta flamenteから来ています。 新しい車を説明するのに使われます。

「ira」は、外観を意味し、miraから来ています。

「Me entiende?」は、私を理解していますか? 文末に追加することができます。

 

PIJO

Pijosはたくさんのお金を持っている、または持っているように見える部族です。現在スペインでは、彼らは他の部族からの恨みを引き起こす可能性があると言われています。

Pijosは、デザイナーラベル、髪は横分けにし、高価な時計を身につけているのですぐに分かります。 また、スペインの国旗を身につけることもあります。

英語の単語poshのように、pijoはネガティブとポジティブどちらにでも使われます。

それは優雅である、上品な、紳士を気取ったということを意味することがあります。

英語ではプレッピーかもしれませんが、メキシコではfresa(イチゴ)と言われています!

表現

Pijoという言葉は多くの文章を盛り上げます…

「Que pijos!」: なんてこったい?!

「No entiendo un pijo.」:わかりません。

「Qué pijos haces aqui?」 :お前はここで何してるんだ?

 

LOLAILO

スペイン南部のとても珍しいキャラクターです。それに気づくのは非常に簡単です:彼らは長いカールヘアーで、ショール、ゴールド、そしてビンテージの服を着ていて、ギターを弾くなどの傾向があります…

彼らはどこにでも居ますが、特にフェア、川沿い、地下鉄、家の近くの公園で歌っていたり、ビーチなどで、常にギターで「ルンバ」を演奏しています。

彼らの宗教は「フラメンコ」と呼ばれています。神と預言者は最も有名なフラメンコ歌手、カマロンです。

表現

「Arsa, quillo!」:オレ!

「Dame algo!」:コインをください!

「Tirititraun!」:(ルンバの歌で使われる一般的な言葉)

 

MACARRA

このような売春の斡旋は、70年代半ばにロンドンでも登場しました。

彼のお気に入りは、壁に落書きをしたり、軍隊や警察をあざけることでした。彼らはパンクロックコンサートとビールが大好きです!

表現

「¿Quépasa、tronco?」:どうしたんだ、おい?

「Dame una birra」:ビールが欲しい。

「¡Dabuten」:パーフェクト!


clic_admin