スペイン・アンダルシアの魅力ある3都市セビリア、カディス、マラガにある語学学校

スペイン語を母国語とする人は3億2900万人います。第一言語では、この言語は英語に次ぐ世界第2位です。

また、第二言語としても広く使用されており、世界44か国で300万人以上が利用しています。

スペイン語を母国語としない人にとって、DELE証明書は、流暢なスペイン語を話す能力を正式に識別するためのベストな方法です。

DELE証明書とは何ですか?

DELE(DiplomaEspañolcomoLenguaExtranjera)証明書は、スペイン語の堪能さと流暢さについて公式に認められた資格であり、スペイン教育文化スポーツ省によって発行および承認されています。

DELEは国際的に認められており、スペイン語の流暢さと堪能さの証拠として世界中で認められています。

スペイン語が公用語ではない国の市民である人は誰でもDELEを取ることができます。

さらに、スペイン語が公用語である国の市民も、次の2つの基準を満たしている限り、ディプロマを取得する資格があります。

スペイン語が両親の母国語でない場合

スペイン語が第一言語でない場合

スペイン語がコミュニケーションに使われる習慣的な言語でない場合

初等中等教育の全部または一部でスペイン語を履修していない場合

ディプロマは、様々なレベルのスペイン語力に合わせて3つのレベルに分けられます。

受験者どんなレベルでも取ることができ、より高いレベルを取る前に低いレベルを習得する必要はありません。

受講可能なレベルは、スペイン語ディプロマ(初級)中級、スペイン語ディプロマ(中級)上級中級、スペイン語ディプロマ(上級)上級です。

ディプロマは5つのパートに分かれており、受験者は同じテストセッション中に5つのパートすべてに合格する必要があります。 それらは、リーディング、リスニング、文法と語彙、スピーキング試験です。

なぜDELEが必要なのか

DELEは一流の資格であり、所有者が優れたスペイン語コミュニケーションスキルを持っていることを証明します。

DELEは国際的に認められているので、スペイン語圏の専門的な文書として非常に貴重です。卒業証書は、ビジネスおよび商業の分野で特に高く評価されています。そのため、DELEはCVに載せると有利で、スペイン語圏の国でのキャリアアップにつなげることができます。

DELEは私立および公立の教育機関で認められており、学校や大学などの教育機関に入学するために必要なスペイン語のスキルを証明するためにも使用できます。場合によっては、DELEは既存のテストおよび評価システムを補完するために使用されます。

海外で働く、または生活するために持っていることの利点

DELEの卒業証書は永久に有効です。一度取得すると、どの国にいても証明書の有効期限が切れることはありません。これは、就職活動などの面で、生涯にわたって資産です。

スペイン語圏の国で仕事を始めることを目指す人、またはそれらの国で昇進やキャリアの見通しを改善しようとする人にとっては特に有益です。

学生と外国人

学生と外国人はディプロマの取得を検討すべきでしょうか?もちろんです!

DELEは、個人のスキルアップまたは専門的な利益のために、収入を増やしたい、またはスペイン語を次のステップアップと考えている外国人にとって特に価値があります。

さらに、学生は正式なスペイン語の資格を持つことで大きな恩恵を受けることができます。言語スキルは多くのキャリア分野で非常に求められており、DELEは他の人が見逃してしまう仕事や経験への扉を開くことができます。

DELEのディプロマに含まれるものと、合格に役立つクラスの詳細については、ここをクリックしてください。


clic_admin